菊竹清訓建築設計資料

 本資料群は、建築家菊竹清訓及び菊竹建築研究所(1962年に菊竹清訓建築設計事務所に改称)において作成された資料のうちの1960年代および慰霊碑関連の図面資料である。

作成年月日

1953年~1969年頃 (慰霊碑関連資料は1996年頃まで)

形態と数量

図面筒547点 (図面約15,000枚)

作成者

菊竹清訓、菊竹清訓建築設計事務所

来歴

2019年寄贈

備考

本資料は、一部資料を除き、デジタル化画像などでの閲覧を原則としています。

木村俊彦構造設計資料

本資料群は、構造家・木村俊彦及び木村俊彦構造設計事務所において作成・収受された構造設計図書、文書、写真、スケッチ等含む構造家木村俊彦の業務記録に関する総体である。  
1950年代から1990年代にかけて国内外で高い評価を得た建築・建築家に係る構造資料が多数含まれる。

作成年月日

1954年~1999年

形態と数量

原図資料(図面筒)175点、マイクロフィルム20点、プロジェクト関係資料637点、プログラムファイル115点、写真(ファイル)131点、建築懇談会・JSCA関連資料 39点、その他文書158点

作成者

木村俊彦、木村俊彦構造設計事務所

来歴

2020年寄贈

備考

本資料は、一部資料を除き、デジタル化画像などでの閲覧を原則としています。

収蔵資料概要

当館では資料館の収集方針に基づき建築関連資料の収集を行っております。
整理済み資料の概要と一部の画像は以下の収蔵資料情報検索システムおよび各資料の説明からご覧いただけます。さらに詳細な資料をご覧いただく場合等は「収蔵資料の御利用について」をご覧の上、閲覧申請手続きをしてください。
なお、申請から御利用まで内部手続きや準備の都合上2週間ほどお時間をいただいており、状況によっては必ずしも御希望に添えない場合もございます。

資料館収蔵資料情報検索システムAtoMリンク(準備中)

収集方針

文化庁において収集する建築関係資料*1は,我が国の近現代建築*2に関し,国内外で高い評価*3を得ている又は顕著に時代を画した*4建築・建築家に係るものの,又は、我が国の近現代の建築史や建築文化の理解のために欠くことができず*5,かつ、歴史上、芸術上、学術上重要なもの*6のうち,散逸等のおそれが高く,国において緊急に保全する必要のあるものとする。

*1:スケッチ,図面,模型,文書類,写真等で構成される資料群が持つ一体的な価値を損なわないように統合性・完全性をできるだけ保ちながら、収蔵スペースを勘案し、包括的に保存する。
*2:明治初期から、建築設計のデジタル化が進む1990年代ごろまでに作成されたものを基本とする。
*3:例えば,以下の賞等の評価を受けたもの。
  • 文化勲章
  • 文化功労者
  • 芸術選奨
  • 日本芸術院賞
  • プリッカー賞
  • 王立英国建築家協会(RIBA)ゴールドメダル
  • 米国建築家協会(AIA)ゴールドメダル
  • 国際建築家連合(UIA)ゴールドメダル
  • 高松宮殿下記念世界文化賞
  • ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展 金獅子賞
  • 日本建築学会賞
  • 国が重要文化財(近現代建築)若しくは登録有形文化財(近現代建築)に指定・登録、または地方自治体が条例等で保護を図った近現代建築物(ただし附指定されたもの、または指定・登録建築物と一体的に残せるものは除く)
  • Docomomo選定建築物
  • 日本建築学会が保存に関する要望書を提出した建築物
*4:例えば、メタボリズム運動に参加した建築家など。
*5:例えば、構造や技術、調査や学術研究等に関するものを含む。
*6:国立近現代建築資料館に設置された運営委員会等の学識経験者の意見を参考にする。

Yoshida Tetsuro: Bridging Modernism and Tradition

         
Yoshida Tetsuro: Bridging Modernism and Tradition   

2019.11.1[fri]-2020.2.11[tue]
Closed 2019.12.29[sun]-2020.1.3[fri]
Open hours 10:00~16:30

Yoshida Tetsuro: Bridging Modernism and Tradition

  

“Yoshida Tetsuro: Bridging Modernism and Tradition” was end.


  Known as the “Ministry of Communications architect” for designing great works of modern Japanese architecture such as the Tokyo Central Post Office (1931) and the Osaka Central Post Office (1939), Tetsuro Yoshida (1894–1956) was active from the 1920s through the early 1950s, a period that questioned, not only in Japan but around the world, how to represent the modern spatially and architecturally. What was important was to neither imitate the modernism that originated in Europe nor mix it with native Japanese tradition but instead to build a bridge between modernism and tradition. Such a bridge would establish modernism in Japan while at the same time giving new life to tradition.
 For this exhibition, we have tried to illuminate the conflict between modernism and tradition so clearly evident in Yoshida’s residential works as well as his unique thinking and techniques in seeking to bridge the two. In addition, in order to trace the development of his thinking and techniques not so much as a member of the Ministry of Communication’s Building and Repairs Section than as an individual architect, we have looked at competition entries and monuments as well as his residential and Ministry of Communications works, while shedding light on his publications such as Das japanische Wohnhaus [The Japanese Residence] (1935), published in German, and his relationships with foreign architects such as Bruno Taut.

Leaflet(PDF)

Venue

National Archives of Modern Architecture, Agency for Cultural Affairs 4‐6‐15 Yushima, Bunkyo-ku, Tokyo


Entry

There are two ways to enter the National Archives of Modern Architecture.


To view only the exhibition (possible only on weekdays):
Please enter via the main gate of the Yushima
Local Common Government Offices (Admission: Free).


To view both the exhibition and Kyu-Iwasaki-tei Gardens:
Please enter via the Kyu-Iwasaki-tei Gardens
(Admission: 400 yen).

Access


GALLERY TALKS

GALLERY TALKS 1

Modernism and Tradition as Seen in the Houses of Yoshida Tetsuro

9 November 2019 (Sat.), 13:30~15:30
OHKAWA Mitsuo (former professor, Nihon University)
YAMAZAKI Toru (Toyooka Craft)


GALLERY TALKS 2

The Architecture of Yoshida Tetsuro and its Modernity

30 November 2019 (Sat.), 13:30~15:30
TSUKAMOTO Yoshiharu (professor, Tokyo Institute of Technology Graduate School)
TOYOKAWA Saikaku (associate professor, Chiba University Graduate School)
TADOKORO Shinnosuke (professor, Nihon University)


GALLERY TALKS 3

The Preservation and Renewal of Yoshida’s Architecture

21 December 2019 (Sat.), 13:30~15:30
YOKOTA Masayuki (NTT Facilities)
KANNON Katsuhira (Research Studio for Postal Architecture)


ADDITIONAL GALLERY TALK 4

A new gallery talk has been added to the program for the Yoshida Tetsuro: Bridging Modernism and Tradition exhibition, which opened on Friday, 1 November. Manuscript materials will be arriving in Japan from Germany, where Yoshida Tetsuro’s German-language trilogy of Das japanische Wohnhaus [The Japanese House, 1935], Japanische Architektur [Japanese Architecture, 1952], and Der japanische Garten [The Japanese Garden, 1957] was published. We are pleased to be able to hold an additional gallery talk with Ernst Wasmuth of Wasmuth & Zohlen Verlag UG, the publisher of these books, and Manfred Speidel, a noted scholar of Bruno Taut, and look forward to having many of you there.


Overview
Professor Manfred SPEIDEL
Mr. Ernst WASMUTH
25 January 2020 (Sat.), 13:30?15:30
Language: TBD

Presenters and time are subject to change.
Please see our website for additional event details:
http://nama.bunka.go.jp

Location: The lobby of the National Archives of Modern Architecture


Exhibition catalogue

Yoshida Tetsuro: Bridging Modernism and Tradition