令和3年度収蔵品展 「住まい」の構想 収蔵資料が物語る名作住宅(1940-1975)

2021.12.7[火]-2022.3.6[日]
年末年始休館:2021.12.27[月]-2022.1.4[火]
毎週月曜休館
開館時間:10:00~16:30

令和3年度収蔵品展
「住まい」の構想 収蔵資料が物語る名作住宅(1940-1975)

Designing Home:
Masterpiece Houses from NAMA’s Collection 1940-1975

 

主  催:文化庁
協  力:公益財団法人東京都公園協会
会  場:文化庁国立近現代建築資料館(東京都文京区湯島4-6-15 湯島地方合同庁舎内)
会  期:2021年12月7日(火)~2022年3月6日(日)(年末年始休館:2021年12月27日(月)~2022年1月4日(火))毎週月曜休館
企  画:文化庁国立近現代建築資料館


来館に際してのご注意

※1 平日は湯島地方合同庁舎および旧岩崎邸庭園側の2か所、土日祝日は旧岩崎邸庭園側入り口からの入館となります。

※2 出入口は、必ず同じ場所をご利用ください。湯島地方合同庁舎正門から入られる方は正門から、旧岩崎邸庭園側の入り口から入られる方は、庭園側からお帰りくださるよう、お願い申し上げます。湯島地方合同庁舎正門までの道のりはこちらをご覧ください。

※3 旧岩崎邸庭園側からお越しの方は、必ず、事前にこちらから同庭園入園のための整理券をご予約の上でお越しください。当館では手配等をいたしておりませんので、ご理解願います。また、旧岩崎邸庭園側からお越しの際は、同庭園入園料400円が必要となります。