村田豊建築設計資料

 本資料群は、村田豊建築事務所にて作成された建築設計図書、写真、スケッチ、模型等に加え、同事務所にて所有されていた文書・図書および村田豊作成の文書より構成される。
 村田豊(大正6年(1917)~昭和63年(1988))は、高度な構造技術を用い、独創的な形態の博覧会建築、スポーツ・娯楽施設を数多く手がけたが、とくに空気膜構造を得意とした。この資料は、日本における膜構造のパイオニアとして国際的に高い評価を得た村田の日本国内における設計活動を包括的に伝えている。
 代表作は日本万国博覧会富士グループパビリオン(1970年)、同電力館水上劇場(同年)、沖縄海洋博覧会芙蓉グループパビリオン(1975年)等の他、レストランキャンティ関連も挙げられる。

作成年月日

1960年から1988年頃

形態と数量

図面約4000枚(概算)、模型2点、書籍、報告書、アルバム等、映像資料

作成者

村田豊、村田豊建築事務所

来歴

2019年受贈

備考

本資料は、デジタル化画像での閲覧を原則としています。