建築資料館の歩み

2013

2012年11月9日  訓令により「文化庁国立近現代建築資料館」設置
2013年5月 「文化庁国立近現代建築資料館」開館
2013年5月8日~6月14日  開館記念特別展示として「建築資料にみる東京オリンピック―1964年国立代々木競技場から2020年新国立競技場へ」展を開催
2013年11月27日~2014年2月23日 人間のための建築―建築資料に見る坂倉準三」展を開催

2014

2014年5月8日~8月24日 建築のこころ―アーカイブにみる菊竹清訓」展を開催

2015

2015年7月21日~11月8日 ル・コルビュジエ×日本―国立西洋美術館を建てた3人の弟子を中心に」展を開催
2015年12月3日~2016年3月13日 みなでつくる方法―吉阪隆正+U研究室の建築」展を開催

2016

2016年5月14日~7月31日 資料にみる近代建築の歩み」展を開催
2016年10月26日~2017年2月5日 建築と社会を結ぶ―大髙正人の方法」展を開催

2017

2017年6月10日~9月10日 平成29年度国立近現代建築資料館収蔵品展」を開催
2017年10月  外部保管庫の設置
2017年10月31日~2018年2月4日 紙の上の建築―日本の建築ドローイング1970s-1990s」展を開催
2017年11月1日 「歴史資料等保有施設(公文書管理法第2条第4項第3号及び公文書管理法施行令第3条第1項の規定に基づく施設)」に指定

2018

2018年6月9日~9月9日 平成30年度収蔵品展 建築からまちへ1945-1970 戦後の都市へのまなざし」展を開催
2018年10月23日~2019年2月11日  明治150年 開館5周年記念企画「明治期における官立高等教育施設の群像―旧制の専門学校、大学、高等学校などの実像を建築資料からさぐる」展を開催

2019

2019年6月8日~9月23日 安藤忠雄初期建築原図展―個の自立と対話」展を開催