文化庁 国立近現代建築資料館

設置趣旨

我が国の近現代建築は、世界の文化芸術の重要な一翼を担う存在となっていますが、これまでその学術的、歴史的、芸術的価値を次世代に継承する体制が十分ではありませんでした。そこで当館では、我が国の近現代建築に関する資料(図面や模型等)について、劣化、散逸、海外への流出等を防ぐことを目的として、全国的な所在状況の調査、関連資料を持つ機関(大学等)との連携、緊急に保護が必要な資料の収集・保管を行います。また、展示や普及活動を通じ、近現代建築とその関係資料に対する国民の理解増進を図ってまいります。

事業概要

1.情報収集 2.資料の収集・保管 3.展示・教育普及 4.調査研究等

設置者

文化庁

所在地

〒113-8553 東京都文京区湯島4-6-15
TEL 03-3812-3401 FAX 03-3812-3407
National Archives of Modern Architecture, Agency for Cultural Affairs
4-6-15 Yushima, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-8553, Japan

アクセス