--
みなでつくる方法吉阪隆正+U研究室の建築

『みなでつくる方法─吉阪隆正+U研究室の建築』展は終了しました。

2015.12.3[木]-2016.3.13[日]
みなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築
DISCONTINUOUS UNITY
Architecture of YOSIZAKA Takamasa + Atelier U
開館時間 10:00~16:30
休館日 2015.12.13、2015.12.29~2016.1.3

「みなでつくる方法─吉阪隆正+U研究室の建築」では、国立近現代建築資料館に収蔵された、約8,500点の図面をもとに、彼らのユニークな建築とそのつくられ方を紹介します。考現学の今和次郎を師とし、パリのル・コルビュジエのアトリエでの経験を経て建築家として開花した吉阪隆正は、同時に教育者、極地を踏破した探検隊長、そして文明論者でした。U研究室は吉阪の活動に共鳴した若い協力者によって構成され、そのアトリエではたくさんの「ことば」と「かたち」とが模型を介しながら、建築作品として結実していきました。
本展では、吉阪の世界観にもとづく集団設計方法である「不連続統一体―DISCONT」を「みなでつくる方法」と捉え直し、彼らの年代ごとの主要なプロジェクトを、図面、吉阪自身のことば、模型、関係者への聞き取り、現存する建築断片などで構成して展示します。彼らの方法は、分業化がますます進みつつある現代建築においても有効な建築の社会的役割を示唆しています。

›展覧会図録

›展覧会チラシ(PDF)

›展示リスト(PDF)

入場方法

[ 展覧会のみ観覧 ](平日のみ利用可能)
湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
入館無料

[ 都立旧岩崎邸庭園と同時観覧 ](休館日12.13、12.29~1.3)
都立旧岩崎邸庭園よりご入館ください。
ただし旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。

›アクセス

主催:文化庁
協力:公益財団法人東京都公園協会
制作協力:早稲田大学,吉阪隆正展実行委員会