--
ル・コルビュジエ×日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子を中心に

2015.7.21[火]-2015.11.8[日]
ル・コルビュジエ×日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子を中心に
Le Corbusier and Japan
With a Focus on the Three Apprentices who Built
the National Museum of Western Art
開館時間 10:00〜16:30

西洋建築の模倣から始まった日本の近現代建築は、モダン・ムーブメントを受容する中で日本独自の発展をとげ、今日に至っている。その過程において、近代建築界の巨匠であるフランスの建築家ル・コルビュジエ(1887-1965)の作品と思想は、日本の建築界に多大な影響を及ぼした。本展では、日本の近現代建築において、ル・コルビュジエがどのように発見・受容され、展開したかを、パリのアトリエで学んだ3人の弟子たち(前川國男、坂倉準三、吉阪隆正)の活動を中心に探るとともに、日本におけるル・コルビュジエ唯一の実作〈国立西洋美術館〉(1959)の建設経緯と建築の魅力を紹介する。

Japan’s modern architecture, which initially set out by imitating the architecture of the West, has arrived where it is today by evolving in its own unique way while embracing the Modern Movement. In the process, the Japanese architecture world has been greatly influenced by the works and ideas of the grand master of modern architecture, the French architect Le Corbusier (1887–1965). This exhibition examines how Le Corbusier was discovered, embraced, and built upon in the context of Japanese modern architecture through focusing on the activities of three Japanese apprentices who studied in his atelier in Paris (Kunio Mayekawa, Junzo Sakakura, and Takamasa Yoshizaka). Additionally, the show sheds light on the construction process and architectural appeal of Le Corbusier’s only realized work in Japan, the National Museum of Western Art (1959).

›展覧会チラシ/ Leaflet(PDF)

›展示リスト(PDF)

入場方法

[ 展覧会のみ閲覧 ](平日のみ利用可能)
事前申込の上、湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
入館無料。

[ 都立旧岩崎邸庭園と同時観覧 ](会期中は無休)
都立旧岩崎邸庭園からも御入館できます。事前申込は不要です。
旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。

Entry

There are two ways of entering the National Archives of Modern Architecture.

A. To view the exhibition only (Open on weekdays only):
Prior Appointment required.
Admission is free.

B. To view both the exhibition and Kyu-Iwasaki-tei Gardens:
No appointment necessary.
Entry fee: 400 yen.

›アクセス/ Access

主催:文化庁
協力:国立西洋美術館、ル・コルビュジエ財団、公益財団法人東京都公園協会