--
建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓展

2014.10.29[水]-2015.2.1[日]
建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓展
The Spirit of Architecture Kiyonori KIKUTAKE in Architectural Archives
開館時間 10:00〜16:30
休館=2014.11.1、2014.12.29~2015.1.3

建築家菊竹清訓は、生涯を通じてその代表的な論考「代謝建築論」を礎に置いて、精力的な建築活動を行い、東日本大震災のあった2011年の12月に、享年83歳で他界しました。日本から世界へ向けて発信され、大きな影響力をもったメタボリズムグループの建築家の、中心的なメンバーの一人として、今日なお注目され続けています。

その活躍した時代は、第二次世界大戦後の復興に始まり高度経済成長を迎え、東京オリンピックや大阪万博が開催されるなど、日本の戦後近代の顔が形づくられた時代に重なります。奔流のように流れ込む海外からの文化が国内に浸透し、生活スタイルも大きく変化する中で、菊竹は日本人としての誇りや日本文化のアイデンティティの喪失を危惧し、人間と「こころ」をかよわせる建築、人間のこころを育む建築を目指しました。その次世代に向けたメッセージは、グローバル化した今日、地球環境の保全が叫ばれる現代社会にあって、より一層示唆的なものとなっています。

その活動を振り返る本展では、原図や当時の写真、スケッチやメモ、模型などの建築資料を次の4つの視点から紹介し、生活環境の問題と格闘し、生涯を建築家として生きた菊竹の根底にあった大胆な発想や思想の原点に触れたいと思います。

入場方法


[ 展覧会のみ閲覧 ](平日のみ利用可能)
事前申込の上、湯島地方合同庁舎正門よりご入館できます。
入館無料。

[ 都立旧岩崎邸庭園と同時観覧 ](休館日11.1、12.29~1.3)
都立旧岩崎邸庭園からも御入館できます。事前申込は不要です。
旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。

›アクセス

›展覧会チラシ(PDF形式)ダウンロード

›出品リスト(PDF形式)ダウンロード

主催:文化庁
協力:株式会社 菊竹清訓建築設計事務所/公益財団法人 東京都公園協会
制作協力:早稲田大学/菊竹清訓展実行委員会