文化庁 国立近現代建築資料館

展示Exhibition

建築資料にみる坂倉準三

『人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三』展は終了しました。

2013.11.27[水]-2014.2.23[日]
人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三
開館時間 9:30〜16:30
休館=年末年始[12/29-1/3]


日本の建築の多くが、この半世紀、木造から鉄筋コンクリート、鉄骨造に変わり、私たちの生活空間はモダンムーブメントの潮流の上につくられてきた。そのデザインの源流を創ったのが、巨匠・ル・コルビュジエ[1887-1965]であり、パリで彼に師事し、その後、日本国内に多くの作品を手がけた建築家が坂倉準三[1901-1969]である。

坂倉準三は、東京帝国大学で美術史を学び渡仏し、ル・コルビュジエのアトリエで5年間働いた後、1937年にパリ万国博覧会日本館[Exposition internationale des Arts et Techniques dans la vie moderne, Expo 1937]で建築界に華々しくデビューする。帰国後は、大戦からの復興期の1951年に世界的に知られる鎌倉の神奈川県立近代美術館を生み出した。本展では、同館のデザインへいたる足跡とその後の広範囲にわたる多様な作品群について、原図や当時の写真、建築資料によって紹介し、デザインの中心に人間を据える坂倉準三の考え方とその大胆な発想と調和の感覚へ迫る。 さらに、坂倉作品が社会に与えた影響と建築の文化の豊かさについて、シンポジウム等を開催し検証する。

入場方法


[ 展覧会のみ閲覧 ](平日のみ利用可能)

事前申込の上、湯島地方合同庁舎正門よりご入館できます。
入館無料。


[ 都立旧岩崎邸庭園と同時観覧 ](会期中は無料)

都立旧岩崎邸庭園からも御入館できます。事前申込は不要です。
旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。

アクセス

展覧会チラシ(PDF形式)ダウンロード

出品リスト(PDF形式)ダウンロード

主催:文化庁
協力:公益財団法人 東京都公園協会
制作協力:鹿児島大学
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本